FC2ブログ

カテゴリー

FC2カウンター

プロフィール

latest-samurai

Author:latest-samurai
・性別:男性
・職業:会社員
・あだ名:もっちー

リンク

ブログ内検索

死ぬまで働こうぜ!

金融庁が発表した「老後の金融資産がどれくらい必要になるのか」というレポートが、メディアで話題になっています。

この話題はマスコミによって捉え方が違っています。たとえば大手民法各社は「年金で100年安心して生活できるという自民党の主張は大ウソ」という論調で、安倍総理や麻生大臣を批判する姿勢が多いです。一方で日本経済新聞は、金融庁の出したレポートの趣旨が金融資産の長期的な積立の重要性であることや、2000万円という数値は平均値であって実際に必要な額は人によって異なる点などを解説したうえで、死ぬまでに必要な資産を計算する手法を記事にしています。

テレビでの報道は安直な気がしますが、そもそも今の公的年金制度で安心した老後が過ごせるなどと今の現役世代は誰も考えていないと思います。仕送り方式の年金制度でメリットを享受できるのは先の大戦を生き抜き日本国を豊かにした高齢者の方への「戦後ボーナス」みたいなものです。我々現役世代は体と頭が続く限りは無理のない範囲で働き続けるべきでしょう。「納めた分くらいは年金をもらいたい」という発想そのものが間違っています。なぜなら、本当に納めた分だけもらうのであれば、最初から納めなければいいですし、社会保険庁みたいな組織を税金を投入して維持する必要も無いです。公的年金制度は本当に働けなくて生活に窮した方への救済制度であって、障害のある方や体が不自由なお年寄りの方を助けるための制度です。

制度の理念や仕組みを理解せずに政府を批判するだけであれば、マスコミは国民の知る権利に資すると言えません。
スポンサーサイト



| ホーム | 2019年あけましておめでとうございます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム