カテゴリー

FC2カウンター

プロフィール

latest-samurai

Author:latest-samurai
・性別:男性
・職業:会社員
・あだ名:もっちー

リンク

ブログ内検索

リレー小説その1

 高校生にとって、八月は夏休み、夏休みとは文字通り休みであり、家でおとなしく読書したり、テレビを見たり、エネルギー消費の少ない休みを過ごすのが省エネ主義に則った行動というものである。一般的な高校生であれば、運動部に所属して、肌を刺すような日差しの中、ボールを追いかけまわしたり。文化部であれば、教室を借り切ってトランペットやらホルンを吹いているのだろう。だが、俺は違う。

 「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことは手短に、だ。」

 夏休みの宿題は、七月の間にほとんど終わった。これは、俺が頭が良いからとか、努力家だからとか、勉強が好きだからというわけではない。実は、「氷菓」事件の謎解きで地学教室に集まる度、千反田からすでに解き終えた宿題を借りて、丸写ししてしまったのだ。だから、この八月は夏休みの宿題に悩まされることもなく、自由気ままに灰色生活を家で過ごそうと決めていた。

 なのに、だ。

 何故か今の俺は、太陽がジリジリと照りつける、ひさしの無いアスファルトの上で、長い長い行列の一部分として順番を待っていた。

 
 『夏コミ、東京ビッグサイト、現在AM10:00過ぎ』


 省エネ主義を標榜する俺が、どうして真夏の太陽光を全身に浴びているのか。どうして東京に来ているのか。そもそも夏コミって何だ?話はつい三日前に遡る......


ーーー
ーー



「ねえ、ちーちゃん、夏コミって知ってる?」

「夏コミ?何ですかそれは?」

<<続きを読む>>
スポンサーサイト

テーマ : 架空リレー小説 - ジャンル : 小説・文学

<< リレー小説その3 | ホーム | リレー小説を始めます! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム