カテゴリー

FC2カウンター

プロフィール

latest-samurai

Author:latest-samurai
・性別:男性
・職業:会社員
・あだ名:もっちー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NANA MIZUKI LIVE ZIPANG 2017 @大阪城ホール 1st

いま、スマギャン聞きながらライブレポ書いてます!昨夜のライブレポを翌朝に書く。たぶんライブレポ最速の部類に入るのでは。感動と感激の狭間で曖昧な記憶を手繰り寄せながらライブレポ書きま~す(^^)/

以下ネタバレです

2017.1.21 NANA MIZUKI LIVE ZIPANG 2017 @大阪城ホール 1st

西高東低の気圧配置で激寒ながらも当日の天気は晴れ!前回の甲子園ライブでは滝のような大雨に打たれみんなも、今回は快適に会場へ足を運べましたね!もっとも、ホールなので雨の心配は無いですが・・・

大阪城ホールは何度も来ていますが、今回は初のアリーナ席。なかなか新鮮な気分です。

セットは「和」をイメージした屏風に舞台にレトロ街燈。こりゃあ悦楽カメリア来るな。

01.WILD EYES
懐かしの一曲からスタート。

02.はつ恋

03.純潔パラドックス
これも和モダンな曲。

04.BRACELET

05.Tears' Night
こ、こ、この曲は!会場も一気にアゲアゲモードに。

06.ETERNAL BLAZE
ティアナイからのエタブレ!神セレクト過ぎる。会場の空気も私の下半身もヒートアップ\(^o^)/

07.STAND UP

08.No Limit

トークセッション
ここでまさかの誕生日サプライズ!大きなケーキが運ばれ、会場のみんなと記念撮影。水樹奈々(37)になりました。37歳か。そりゃオレもオッサンになるわけで。

09.アンティークナハトムジーク
ベースのりゅーたんと二人セッション。静かで緊張感漂う空気の中、りゅーたんの超絶技巧ベースと奈々さんの歌声。ていうか、この曲めちゃくちゃ難しいです。やっぱりプロはすごい。

10.ALONE ARROWS

11.エデン
この曲は冬に聞きたいイメージ。素敵な曲です。

12.Please Download
なにやら曲もダンスもパパパパパヒューム的曲。

13.ドラマティックラブ
37歳のアイドルが降臨!普通の37歳であれば絶対に許されない衣裳とダンスも、奈々さんなら許される。

14.SUPER GENERATION
キターーーーー!!古参ファン歓喜の良曲。

15.TWIST&TIGER

16.ヒメムラサキ
水樹奈々。ついにラスボスに。バジリスクが時を経て再び。

17.悦楽カメリア
やっぱり和モダンといえばこの曲!メタルロック調のビートが熱い。

18.ミュステリオン
ここはヘビメタロック会場です。

19.禁断のレジスタンス

20.UNLIMITED BEAT

21.めぐり逢うすべてに

アンコール

22.RODEO COWGIRL

23.絶対的幸福論

24.STARTING NOW!

ダブルアンコール

25.深愛
今日は誕生日ということで特別にダブルアンコール。そして最後の曲は1/21に発売された特別な一曲。深い愛に会場が包まれました。


というわけで、約3時間半の長丁場となった今回のライブ。もう右腕と下半身がカチカチです。

それから、最近ようやく気づいたのですが、UOよりスイッチ付ペンライトを使用する人の方が多くなってる。かつてはエタブレが流れるとピキピキとUOが割れて熱量を帯びるのが恒例でしたが、皆さんスマートに色を変えてる。水樹奈々も37歳になり、時代を感じざるを得ないライブになりました。

スポンサーサイト

ライブレポート ~NANA MIZUKI LIVE PARK 2016~

ライブレポートを久々に書きます。水樹奈々史上初の甲子園ライブということで、これはライブレポートを書かずにはいられず。興奮が冷めぬうちに書ききってしまおう。

NANA MIZUKI LIVE PARK 2016
at 阪神甲子園球場
op:17:10~

ついにやってきた水樹奈々の甲子園ライブ。「昔から一度は甲子園で歌ってみたい」とラジオでよく言っていましたが、ついに念願の甲子園ライブが開催されました。自分としても、兵庫県出身者として嬉しい限りです。ようこそ甲子園へ!!

と言っても、自分が甲子園球場に行くのは約15年ぶり。当時の阪神タイガースといえば、監督が星野で1番今岡、2番赤星、3番片岡、4番金本・・・という懐かしのラインナップ。当時と比べると甲子園球場は外観も内装もキレイになっていて驚きました。

さて、今回の座席は1塁側の真ん中くらい。どうせならアリーナのほうが良かったなとも思いましたが、実は今回はスタンド席のほうが良席だったのです。。。

開演前は小雨が降る程度で、お客さんの着席もスムーズにライブスタート。

set list

01. アオイイロ
一曲目は水樹奈々の水色にちなんで青い色から。

02. POWER GATE
なんと2曲目から神曲パワゲが来た!かなり意表を突く選曲。

03. It's Only Brave

04. Naked Soldier
この曲はライブで演ると印象が変わる曲。やや落ち着いた感じに聞こえました。

05. SCARLET KNIGHT
すかーれっないっ!

06. アンティフォーナ

07. POP MASTER
チェリーボーイズ達の演奏後、観客全員がジェット風船を膨らませて・・・という演出があったのですが、なんと自分の風船が膨らまない!どうやら肺活量が無さ過ぎて、風船が膨らまない模様。隣の女の子は余裕で膨らませていたのに、自分はぜえぜえ言いながら膨らまず。

なな「みんな~!風船は膨らんだかな~!」

ギリギリのタイミングで風船が膨らみ、なんとかみんなと同じタイミングで風船を飛ばすことができました!!もう、風船を膨らませることで精いっぱいで、ジェット風船が飛ぶ光景を見る余裕すらなく。ただ、自分の心は達成感からか一気にはじけて、激しくジャンプしながらポップマスター叫んでいました。懐かしいなぁ、武道館でのPV撮影。

08. 76th Star

09. Summer Sweet
この曲は古参ファンしか知らないでしょ・・・もしかしたら二度とライブではやらないかもというくらいマイナー曲。

10. コイウタ。
ストレート過ぎる歌詞とサビでの情感あるメロディーがたまらない良曲。たぶんプロデューサーのみっしーは泣きながら聞いていたはず。

11. The NEW STAR
今までの水樹奈々とは全く違う感じの楽曲。 なんというか、アムラー的something

12. Faith
ファンの投票で選ばれたダンス曲。有料会員しか投票できないシステムだったので、たぶん古参のファンが推してくるかなあと思ってました。久々に聞けて嬉しい。

13. TRANSMIGRATION
14. 熱情のマリア

15. STARTING NOW!
PVに出ていた美少女が上坂すみれと知ったのはライブ後に居酒屋で飲んで話した時。なるほど、あの美少女がソ連好きオタクだったのか。

16. レイジーシンドローム

17. 7COLORS
世界ふしぎ発見のED

18. STAND UP!
今年12月発売予定のアルバムからという超フライング曲。これまた難しそうな曲を選びましたな。まさに甲子園で歌うために作られたような曲。ニューアルバム乞うご期待。

19. MASSIVE WONDERS
ここからはタテ乗り曲。この曲も久々に聞けて良かった。

20. ETERNAL BLAZE
水樹奈々の代表曲にして唯一無二の神曲。もはや言葉は不要。オレンジ色に染まる甲子園は灼熱と化していました。会場にいる37000人と舞台が一体となった瞬間です。やはりライブというのはアーティストと近い距離も大事ですが、程よい距離で会場との一体感を曲毎に感じられるのも心地よいです。前回参加したライブは一番前の席だったので、周りがどれくらい盛り上がっているのかよくわからず、なんとなく不完全燃焼でしたが、今回は燃えつきましたよ。

21. アパッショナート

22. BRAVE PHOENIX
アパッショナートが終わった後、ザァァァァァーツというすごい音が。奈々さんも観客も一瞬何が起こったのかわからない感じでしばしの静寂。ラストソングを前に突然の大雨。幸い、自分の席は銀傘の下だったのであまり濡れなかったのですが、3列ほど前からアリーナ席までは雨でビショビショ。もちろんステージにいる奈々さんはズブ濡れのままBRAVE PHOENIXを熱唱。まさに不死鳥伝説を作り上げましたな。

【アンコール】
23. Fun Fun★People
大雨のせいで、いったい何が起こったのかわかりませんでした。なんと、奈々さんがサックスを吹いている!!ひぇ~いつの間にいサックス吹けるようになったんですか。アフレコやレコーディングで忙しいはずなのに、イチからサックスを練習して37000人の前で吹けるレベルに到達するなんて・・・まさに努力の天才です。鳥肌が立ちました。

※六甲おろし
まさか六甲おろしを歌うのではなく吹くとは・・・あまりに意外な演出。しかも大雨の中を慣れない楽器で完奏してしまった。個人的には、ぜひとも再びピアノ弾き語りをやってほしい。

24. You have a dream
この曲も毎回ライブで演ってほしいくらい好きな曲。懐かしい~

25. ミラクル☆フライト
雨も吹き飛ばすノリノリ曲・

26. 恋想花火
激しかった雨が弱まったところで最後の曲。小雨の秋空に舞う花火はキレイでした。

【Wアンコール】
27. JET PARK
これが本当にラスト曲。無事に27曲を演りきりました!!

今回は初めての甲子園で修正が効かない1dayライブ。途中で機材トラブル?もあったみたいですが、神懸った雨の演出もあり、そして何より観客を含めたチーム水樹奈々の力を結集して、素晴らしい公演となりました。やはりライブというのはみんなで作り上げるもの。水樹奈々のライブに行くと、会場全体の一体感を味わえますね。

これからも進化し続ける奈々さんにかかっていきます!!

NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015

昨日は水樹奈々のライブツアー「NANA MIZUKI LIVE ADVENTURE 2015」に参加してきた。なんと今回の座席はアリーナの最前列。柵があって狭かったけど、出演者との距離は至近。炎の熱さや音響まで全てが目の前で迫力満点のライブになった。

今回はアルバムを発表せずに夏のツアースタートとなったため、古参涙目の懐古曲から未発表の最新曲まで、最高の神セットリストとなった。個人的にはアルバム「ULTIMATE DIAMOND」のPERFECT SMILEやシングル justice to believeが心にぐっときた。

1_large.jpg

ishibashi-nanachan.jpg

そして最も圧巻だったのが本来はオーケストラ曲である「アヴァロンの王冠」のバンド編集。オケの重厚な音感に負けないくらいドラムやギターが頑張っていた。やはりチェリーボーイズは国内トップレベルの奏者を集めているだけある。そう、あんなに実力もキャリアも兼ね備えた重鎮達を、我々水樹ファンは「回って~」と言って回しているのだ。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。