カテゴリー

FC2カウンター

プロフィール

latest-samurai

Author:latest-samurai
・性別:男性
・職業:会社員
・あだ名:もっちー

リンク

ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人消費と若者の●●離れ

現在の日本経済における問題点の一つとして「個人消費と設備投資の伸び悩み」がよく取り上げられている。そして、個人消費の伸び悩みの中で必ず話題となるのが若年層の消費スタイルについて。20~30代の個人消費が伸び悩んでおり、政府や企業は若年層の消費を喚起するために様々な対応策を講じなければならないと。

そして、話題は若者の「車離れ」「お酒離れ」「マイホーム離れ」といった若者の●●離れへと移る。この言葉はオジサン達が大好きなフレーズだ。「自分が若い頃は車を買って、結婚すれば住宅ローンを組んで家を買い、仕事終わりは上司に連れられ飲みに行った」的な、昔を懐古しつつ、今の若者の態度を嘆く。

これでは単なる自己陶酔ではないか。設備投資の伸び悩みはともかくとして、本当に個人消費は伸び悩んでいるのか。経済統計は自動車や家といった可視的商品は捕捉しやすが、スマホゲームや旅行・ライブイベントといった体験型サービスを捉えきれていないだけではないか。誤ったモノサシで現代社会を測っていても、的外れな議論にしかならないと思う。

オジサン達が「車を買え」「酒を飲め」「家を買え」と言っても買いませんし(買えませんの間違いかもしれない)、現状は何も変わらないし変える必要性が無い。
スポンサーサイト

マイナス金利政策っていつまでやんの

「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

・・・・・・

金融に詳しくない限り、言葉の意味がサッパリわからないですよね。

日銀はマイナス金利政策を継続しています。マイナス金利は上記金融緩和策のうち短期金利部分の政策を指します。ちなみにマイナス金利というのは民間銀行が企業や個人貸すお金の金利がマイナスになるのではなく、民間銀行が日銀に預けている当座預金の金利をマイナスにするという意味です。なので、銀行が企業や個人に貸しているお金が全てマイナス金利になって銀行があっという間に全て潰れるというわけではないですし、企業や個人がお金を借りるだけで儲かるというわけでもないです。

さて、マイナス金利が導入されてから銀行収益が目に見えて減ったことはわかりましたが、企業や個人が借金してまで設備投資したり商品を購入しているようには思えません。つまり物価は上がらず、デフレから脱却できていないということです。

インフレ・物価上昇・経済成長、これらの実現可能性と、そもそもこのような政策が日本国民にとって幸福なのか、常々疑問に思って生きています。

2016年~宗教と帝国主義~

あきましておめでとうございます。今年も細々とブログを更新します。

さて、2016年はどのような世界になるのか。すでに2015年から言われていることですが、2016年の世界を読み解くキーワードは「宗教」と「帝国主義」でしょう。

まず、宗教について。日本人にとって、宗教というのはちょっと近寄りがたいというか、色眼鏡で見てしまう言葉かもしれません。いわゆるカルト的な思想を指して宗教を語ることがありますが、世界的に宗教というのは日常に寄り添ったものであり、宗教無しに自身のアイデンティティは語ることができないほど重要な要素です。また、キリスト教とイスラム教の歴史は世界抗争史そのものであり、宗派の違いや教義の歴史を知らなければ、ISの自爆テロが起こる理由を知ることはできません(※さすがにキリスト教・イスラム教の宗派と歴史について語るには行数が足りないので割愛します)。

次に、今年はますます「帝国主義」の色合いが強くなるでしょう。アメリカが世界警察の地位を放棄した今、各地域でアメリカに取って替わり、かつての栄光を取り戻すべく帝国主義の復活が見られます。

ヨーロッパは各国利害が対立しながらも、ドイツ・フランスを中心としたEUという共同体を器として神聖ローマ帝国を復興しようとしています。EUは次々と東欧諸国を編入し、ついにイスラム圏を浸食しようとしている。経済格差や難民問題を抱えながら、十字軍の遠征は今も続きます。

ロシアはアメリカやEUの政治的・経済的凋落をわき目にクリミア半島を編入しました。ロシアは原油価格の暴落により一時的に経済力が低下しているものの、着実に旧ソ連の復活を目指しています。ロシアの次の目標はシリアの傀儡化と宿敵トルコの支配でしょう。

親日国家として有名なトルコですが、ロシア機の追撃により両国の対立は先鋭化しています。トルコのNATO内における兵員規模は第二位。かつてオスマントルコ帝国として世界に覇を唱えた軍事力は今も健在で、ロシアも簡単に手出しはできないでしょう。宗教と石油、世界の矛盾を全て抱えた中東情勢は今後も注目していく必要があります。

もちろん2016年も中国から目を離せません。「華夷思想」のもと中国は周辺国家の支配を目論んでおり、海洋における人工島による領有化、そしてアフリカ諸国への投資による経済的支配をますます強めるでしょう。

ある意味、アメリカ大統領候補であるトランプ氏の発言とその支持勢力は、アングロサクソン主義・男性優位思想・キリスト教原理主義といったかつての保護主義的思想の復権と言えます。


今年も宗教対立と帝国主義の復活に着目していきたいと思います。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。